10、脳外科の通院が始まる

私は地元の大病院に行きました。あまりこの病院は印象が良くなかったのですが、この病院を訪れるのは実際は初めてでした。がんの治療ではずいぶんと定評のある病院だということをネットで始めて知りました。
1時間以上待たされてやっと脳神経外科の先生に会うことが出来ました。これは明らかに片側顔面痙攣ですねと言われ、いきなり手術という選択は出来ないことを言われました。やはり手術には色々なリスクがあるので、まずは薬から始めましょうと。いくつか試して結果が出ないときに、手術を考えましょうと。でも根治するには手術しかないんですけどねなんて言われました。そこで処方された薬はてんかんの人が飲むような強い痙攣止めの薬でした。若干効果があるように思われましたが、明らかに効果を感じられるようなものではありませんでした。飲むとぐったりします。これはじきに体が慣れるということでした。1週間飲み続けてから血液検査を行いました。この薬が体に馴染んでいるかどうかの確認です。そしてこれを一ヶ月飲み続けることになりました。これで駄目だったら手術をしましょうと話をしました。その際には、この病院には顔面痙攣の手術をしたことのある先生はいないので、他の病院から経験のある先生に来てもらうか、その先生のいる病院で手術を受けてもらうかになりますと説明を受けました。

やっぱり手術は顔面痙攣で有名な病院に行かなきゃ駄目かなと考えました。ネットでどこの病院が有名か分かっていたし。すると父親が知り合いのつてを頼ってその病院への依頼状をもらってきました。そしてそちらの先生とも会ってきました。ただその病院は建て替えを計画しているので、手術を受けるには別の病院でその先生が手術をすることになると説明を受けました。時間かかりそうだし、病院もちょっと不便な場所でした。どうしようかなと悩み、そのことを地元の病院の主治医の先生と話をしました。慣れている人が手術をするのが一番いいことなので、そちらで受けてもいいと思いますよとのこと。ただこの病院で手術を受けるのがスケジュール的には早くなりそうですよと言われました。ちなみにここの病院でお願いしている先生ってどなたですか?と聞くとF先生とのことでした。どこかで聞いた名前だなと思い、ネットで調べてみるとすぐに分かりました。この病気で色々な方が手術をしてもらって、皆さんが絶賛している先生でした。悩んだ挙句、早く治したかったので、F先生の手術をお願いすることとなりました。父親は「俺がせっかく依頼状をもらってきてやったのに」と怒り出し、しばらく父親とは口を聞きませんでした。私は少しでも納得のいく状況で手術を受けたかったからです。

ただやはりF先生はお忙しい方で、2ヶ月以内に手術を受けられそうだと主治医の先生方は話を聞かされていたのですが、結果4ヶ月待つことになりました。これだったらもう一つの病院で手術を受ければ良かったかなと思いましたが、F先生にお願いしたいという気持ちも強かったので待つことにしました。

| | コメント (2)

9、検査

地元に検査専門の病院があって機材が揃っていると聞いたので、その病院に行きました。この病院は検査と診断はしてくれますが、治療は行いません。よく企業での健康診断を専門にやっているような病院です。ここで父親の大腸がんやヘルニアを見つけているので、先生は私の父をよく知っています。「顔の痙攣の原因が血管が顔面神経に触れているかどうかで起こっているか確かめたいんで、MRIで脳内を検査して欲しい」と先生に伝えると、すぐにMRIで頭の中を撮ってくれました。そしてやっぱり血管が顔面神経に触れているのがこの時点ではっきりしました。私は「やっぱり手術の選択肢しかないんだろうなあ」とがっかりしました。でも脳腫瘍とかではないことにはほっとしました。その先生はすぐに地元の大病院への紹介状を書いてくれました。ただ、顔面痙攣の手術は一部の病院でしかやっていないことを知っていたので、そっちの病院に紹介状を書いてほしいというと、そういうことも含めて相談に乗ってもらえるので、まずはこの地元の病院に行ってみてくださいと言われました。そして私の脳内のMRIの画像をCD-ROMに保存して、紹介状と一緒に渡されました。驚いたのは、ここの病院に入り、検査して、紹介状を持って出るまで30分くらい。あっという間でした。大病院で検査をしてもらう場合には、こうは行きません。今後は何かあれば、ここで検査をしてから病院に行こうと思います。検査もしないで憶測で治療を始める先生も多いですからね。特に街の開業医とか。

| | コメント (1)

8、病院での治療の開始

針治療をしながら感じたのは、仕事で忙しく変なプレッシャーを受けながら、また痙攣によるストレスを受けながら、このような東洋医学による治療を続けても3歩進んで3歩下がるという状況に思われました。そしてイライラが募り余計に症状が悪くなり、精神的にこんな生活は続けられないと感じました。一度仕事を辞めて治療に専念しようと思い、同僚たちに相談をしました。そして辞めるにしても治してから辞めたほうがいいんじゃないかと色々な人から言われました。ただ手術を受ける決心を出来なかったので、まず私は心療内科を訪れました。ストレスや疲れを除くことでこの痙攣が治らないかと思ったからです。そしてネットで探して適当に会社から近い開業医に相談をしに行きました。彼は薬を飲みながら休養を取れば治りますよと言っていた。本当かなと思いつつ、まずは言うことを聞いた。1週間効うつ剤というのを飲んだが、えらい気分が悪くなった。気分が悪くなり、痙攣がかえってひどくなりました。こんな薬飲めないと思い、私は薬を飲むのを止めました。次の診療の時に、痙攣がひどくなったので服用を止めたと伝えました。そして彼は別の薬を処方しました。私は「これ飲んで効果が出なかったら、頭の中をMRIで調べて血管が神経に触れていないかどうかを調べたいので、脳神経外科への紹介状を書いてください」と言いました。すると医者は「そんなことありません!薬飲んでいれば治ります!」と言いました。この時点で私はこの医者は頼ってはいけないと判断をしました。薬は飲まず、自分で脳神経外科へ行こうと思いました。

| | コメント (0)