おまけ2、他の方の体験談との違い

色々な方の体験談を読んでみて、そして実際に入院をしてみて、色々と細かい点で違いを感じることがありました。きっと病院ごとや先生ごとに違うやり方があるのでしょう。私が気が付いた違いをまとめてみました。他にもコメントを付けていただければ、この内容がもっと充実すると思いますので、よろしくお願いします。

1、術前の検査

血管の場所を把握するために私の場合には、造影剤を血液に入れてのCTの検査を行いました。人によっては太ももからカテーテルを入れての脳内の検査を行った方もいらっしゃるようです。

私が術前に行った検査は、MRI、CT(造影剤)、血液検査、尿検査、胸部レントゲン、呼吸機能検査、ABR(聴性脳幹反応)です。

2、術前準備

私は全身麻酔に入ってから、頭を剃られて、尿管を入れられて、点滴を入れられました。ここはどうもみなさんと違うようです。前日や当日の麻酔前に行っている方が多いようです。

3、術後の検査

私の場合、手術が終わってICUに行く前に、レントゲンとCTを取りました。脳内での出血がないかどうかの確認でした。他の方ではこれを翌日にされた方もいらっしゃるようです。そして2週間後にMRIの検査を行い、この結果で退院が決まりました。

4、穴を開けた頭蓋骨の埋め方

これも先生によってだいぶやり方が違うようです。私の場合には、穴を開けた際に取った骨を砕いてそのまま戻したそうです。時間が経てば骨化するとのことでした。私の入院した病院では普段は砕いた骨を血液製剤糊で固めてから戻すということでした。チタンを入れるという方の体験談も多かったように思われます。昔は骨を戻さないという話も結構あったそうです。

5、血管の剥がし方

昔は顔面神経と血管の間にスポンジ(材質は分かりませんが)を入れるという処置が取られていたようです。私の場合には、テフロンという人工血管で使われるもので血管を持ち上げ、反対側で血液製剤の糊で接着して、血管が神経側に戻らないように処置をしていただきました。おそらくこのやり方は現在のスタンダードだと思われます。他の方の体験談だとよく分かりませんでしたが。

6、抜糸&包帯

私の場合は、手術から2週間で抜糸しました。他の方は、2段階で最終的には1週間強で抜糸を終えられているようですね。それと包帯に関しては、私の場合には退院の前日まで包帯とネットで2週間頭を圧迫していました。これは髄液漏を警戒してのようなので、個人的には2週間のほうが安心できます。そういえば手術から5日間くらい傷口のガーゼをテープで頭全体を巻いてガードしていました。他の方はそこまでしていなかったような気がします。テープを交換は痛くて大変でしたが、包帯が取れても大丈夫だったので、そこは良かったのかもしれません。

7、術後のリハビリ

これは病院による違いというよりも、個人の回復具合による違いかもしれません。手術の翌日の朝から食事が出来ました。翌日の昼には尿管を外しました。翌日の午後には歩いてトイレに行きました。2日くらいこれらのことが出来なかった方も多いように感じました。

8、退院のタイミング

これは抜糸のタイミングとも重なってくると思いますが、早い人は手術から1週間ちょっとで退院されているようです。私の場合は、手術から2週間でした。アメリカでは抜糸前に退院するなんて話も聞いたことがあるので、これは先生の考え方次第なんでしょうね。

9、退院後検診

F先生は半年後まで確認のための検診を行うみたいですね。私は月に1度の確認と言われましたが、それがどこまで続くか分かりません。多分半年位だろうとは思われますが。

| | コメント (10)