« 5、試行錯誤編 鍼灸 | トップページ | 7、試行錯誤編 気孔 »

6、試行錯誤編 中国針

ある時、都内で顔面痙攣を治せるという鍼灸の治療院をネットで見つけました。会社からも近く、これにかけてみようと思いました。ここの治療院は腰を悪くしている人がたくさん来ていて、いつも大繁盛でした。ここの針師の人は中国で長いこと針の勉強をしてきた方です。針も普通の針よりも太くて大きなものを使っています。いろいろな患者さんの腰が良くなったという声が治療院の中で聞こえてきます。そしてこの針師の人は「そうだろう。すごいだろう!」といつも自信満々です。私の痙攣も「こんなの1ヶ月も通えば直るよ!」と断言しました。病気で困っているときってこういう迷いの無い言葉って安心するんですよね。そしてもう一つ信頼を深めたのは、「私は顔面痙攣は腕が原因でなる病気だと思っています」と言われたこと。私の場合、肩を痛めたことが何らかの関連があると思い込んでいたので、この発言はこの針師さんへの信頼を深めることとなりました。

ここでの針治療は少し変わっていました。顔や頭にも針は刺すのですが、腕にも針を刺しました。そしてほぼ毎回指す場所を少しずつ変えていました。一番印象的だったのは、針から低周波の電気を流すこと。17回前後通ったと思います。最初に行った時に、私の背中を見て「体の左右のバランスが崩れている」と言われたので、針と平行してカイロプラクティクにも通いました。針が週に2~3回。カイロは週に1回。かなり出費がありました。効果は明らかにありました。最終的に痙攣の発生頻度が20~30パーセント減ったように思います。そしてひきつりがなくなりました。「いー」と頬の筋肉を上げるとその筋肉が下がってこないくらいにひきつりが出ていたのですが、それが何の違和感も無く下がってきました。これを感じたのは6回目か7回目だったと思います。この頃に本気で痙攣は治るかもと思い始めていました。最後の頃は針をやっている間は痙攣の頻度は減っていました。でも仕事中はやっぱり出ていましたので、決して治ったとは言いがたい状況でした。リラックスしているときには頻度が減っていました。そして針師の人は「もうだいぶ良くなったからこの辺で少し様子を見ましょう。ひどくなったらまた来てください。」と言いました。今までは自信過剰とまで言えるような発言をしていた人がいきなり弱気な発言をしたので、きっとここらが限界なのかもと感じました。そして私はこの治療院には行かなくなりました。しばらくしてこの治療院のホームページを見たら、顔面痙攣を治したという治療実績記録が消されていました。私の治療をやって自信を無くしてしまったのかもしれません。でも私の治療も完治といって記録に加えないでそれまでの実績も消してしまったのは、彼も顔面痙攣を針で治すことには限界を感じたのでしょう。顔面麻痺の治療には針がいいとよく言いますが、顔面痙攣はまた仕組みが違うから治せないことを実感したのかもしれません。そして私はまた道を塞がれた気分でいました。

|

« 5、試行錯誤編 鍼灸 | トップページ | 7、試行錯誤編 気孔 »

コメント

顔面痙攣の
低周波使用は厳禁です。

投稿: 由香 | 2014年5月 2日 (金) 14時23分

痙攣で本当に悩んでおります。この間、新橋のビル2階の康鍼灸院という中国鍼灸へ行きました。あまり改善が見られません。同じ鍼灸でしょうか?

投稿: masako | 2013年7月28日 (日) 16時01分

初めまして。
眼瞼痙攣をわずらって2年半ほどになります。

自律神経をやられているようで様々な疾患があり、西洋医学では限界があるので、鍼灸を受けてみようと思っております。

もし宜しければどこの鍼灸院か教えて頂けますでしょうか。
宜しくお願い致します。

投稿: てっち | 2013年6月 4日 (火) 18時10分

瞼の痙攣が始まって2ヵ月が経ちます。症状が悪化しているのがわかり、なんとか針灸で改善できないかと思っています。
どちらの針に通われていたか教えていただけないでしょうか。かなり悩んでいますが、病院ではまだ治療をかんがえなくてもよいと言われており、安定剤のみ処方されています。
今のうちから出来ることをしておきたいです。どうかよろしくお願いいたします。

投稿: かおり | 2013年5月28日 (火) 06時08分

会社の社員がまさに片側顔面神経痛と受診されました。
悩んでいるのを見て女性ということもあり悪化してしまう前に改善出来ればと考えています。
針はどこに通われたのかご紹介して頂けますか?

投稿: のん | 2013年5月10日 (金) 10時26分

初めまして。
私も片側顔面痙攣と診断されて6年ほどになります。

年々進行してきているように感じています。
現在は自分の意志に反して目が閉じたり
笑うと閉じたりしてしまいます。

お医者様からは漢方を処方されましたが
あまり効果はなく、鍼治療を調べておりましたら
こちらのプログに辿りつきました。

とても参考になります。
手術を受けられたのですね。
完治されて本当に良かったですね。

私はまだ手術する気持ちにはなっておりません・・・。

まずは鍼治療から始めてみようと思っています。
そこで、どちらの鍼に行かれたのか教えて頂けますでしょうか。

お忙しいところ申し訳ございませんが
宜しくお願い致します。

投稿: AK | 2012年4月 4日 (水) 23時45分

母親が眼瞼痙攣を患っており、このページに辿りつきました。針灸院にかかろうかと思っているところです。もしよろしければ通ってらっしゃった針灸院を教えていただけますか?全治とは言わずとも少しでも改善すればとの考えです。

投稿: N.A | 2009年10月 7日 (水) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5、試行錯誤編 鍼灸 | トップページ | 7、試行錯誤編 気孔 »